アクセス解析
レンタル掲示板

ホーム >パソコン生活 >パソコンに自分の声で「ありがとう」と言わせましょう!

パソコンに自分の声で「ありがとう」と言わせましょう!

 会話が出来ている間に自分の声で「ありがとう」とか「こらー」の言葉を録音しておけば、パソコンに自分の声で その言葉を言わせる(再生する)ことができます。その方法をいくつか紹介します。

録音

  1. Windows付属のサウンドレコーダーを使う方法
  2. 他の録音ソフトを使う場合

再生

  1. オペレートナビ(以下オペナビ)を使う場合
  2. 他の再生ソフトを使う場合

 また、あ・い・う・え・お等の50音を録音しておき、音声合成技術で任意の言葉を作ることも出来ます。

  1. HeartyLadderマイボイス
  2. 日本語ボイスバンクプロジェクト:国立情報学研究所

【この方法は、オペナビユーザー、伝の心ユーザーも患者自身で出来ます。】
 オペナビは付属のキーボード([Win].kbdや[マウス].kbd)を使ってもいいですし、自分で[サウンドレコーダー].kbdを作ればさらに操作が容易になるでしょう。

【↑自作キーボード[サウンドレコーダー].kbdの例】
(キーボードの作り方やセットファイル作成についてはオペナビのガイドをご覧下さい。)

伝の心は、Windows操作機能としてマウス操作がありますので、それで操作出来ます。
※双方まだ操作に慣れていないときは、介護者にお願いして下さい。


【手順1】まず、お使いのパソコンにマイク入力端子があることを確認します。もしなければUSBマイク等を用意します。
【PR】PC用マイク

【手順2】「スタート」-「全てのプログラム」-「アクセサリ」-「エンターテイメント」-「サウンドレコーダー」を起動させると下の画面が出てきます。(WindowsXPの場合)
サウンドレコーダの写真

【手順3】マイクを接続しサウンドレコーダーのメニューバーから「ファイル」-「新規」を選択します。

【手順4】丸い赤色マークの録音ボタンをクリックすると録音開始します。止める時は四角のマーク停止ボタンをクリックします。

【手順5】録音した「声」は、「ファイル」-「名前をつけて保存」します。(例;マイドキュメントに「自分の声」フォルダをつくりarigatou.wavのファイル名で保存)


詳しくは、サウンドレコーダーのヘルプを読むといいでしょう。

 インターネット上には、フリーウエア(無料ソフト)の録音ソフトが多数公開されています。
ダウンロードサイトVecteorの音声録音再生カテゴリーを見て良さそうなものを探しダウンロードしてから使います。ソフトごとに操作方法が異なりますのである程度パソコン操作に慣れた方向けの方法です。
【注意】録音した音声ファイルをオペレートナビで再生する場合はwav形式で保存しておいて下さい。他のソフトで再生する場合はWAV/OGG/WMA/MP3等再生ソフトが対応している形式で保存します。

【この方法は、オペナビユーザー(患者)が自分で出来ます。】
 オペナビのキーボードに音声ファイルを登録することで、ワンスイッチのパソコン操作で再生が可能になります。
ここでは、例として[挨拶].kbdというキーボードに「ありがとう」のキーを追加し、先ほど録音したarigatou.wav音声ファイルを登録することにします。

【手順@】「スタート」-「全てのプログラム」-「オペレートナビEX」から「キーボードファイル作成」を起動させます。(「キーボードファイル作成」をアプリケーション登録してある方はそれを選択します。)

【手順A】メニューバーの「ファイル」-「ファイルを開く」と進み[挨拶].kbdを選択し、開いた画面上で「ありがとう」キーを追加するキー位置を決めます。

【手順B】メニューバーの「編集」-「キートップ設定」を開き、表示文字欄に「ありがとう」と入力し「操作列設定」と進みます。
 

【手順C】「複合操作列」を選択します。

【手順D】「ファイル」を選択します。

【手順E】「参照」ボタンを押し、先ほどマイドキュメントに「自分の声」フォルダをつくり保存した音声ファイルarigatou.wavを選びます。

【手順F】「操作列挿入」をクリックします。

【手順G】「OK」クリックして最初の画面に戻り、「ファイル」-「上書きして保存」します。

【手順H】メニューバーの「オペナビ」-「オペナビを再起動する」で再起動したら「ありがとう」キーに自分の声が登録されています。これで「ありがとう」キーを選択すると同時に「ありがとう」の自声が再生されます。

Windows付属のサウンドレコーダーを使う場合

【この方法は、オペナビユーザー、伝の心ユーザーも患者自身で出来ます。】

 前項の「録音」で「Windows付属のサウンドレコーダーを使う方法」が出来た方ならチョー簡単! サウンドレコーダーを起動させ、「ファイル」-「開く」で録音した音声ファイルarigatou.wavを開き、再生ボタンをクリックするだけ!



前項「録音」で「他の録音ソフトを使う場合」で入手したソフトを使う場合

 同様に、再生に使用するソフトを起動させ、「ファイル」-「開く」で録音した音声ファイルを開き、再生操作するパターンが多いと思われます。

WindowsMediaPlayerを使う場合

 Windowsパソコンにはオーディオソフトとして、WindowsMediaPlayerがインストールされていますので、これを使うことも出来ます。
WindowsMediaPlayerの画像
もし、インストールされていなければ、ここから無料でダウンロード出来ます。

 録音した音声ファイルを再生する前に、メニューバーの「ツール」-「オプション」にある「ファイルの種類」タブの「Windowsオーディオファイル(wav)」にチェックされているか確認しておきます。

再生方法は、2通りあります。
@、WindowsMediaPlayerを起動させ、「ファイル」-「開く」で録音した音声ファイルarigatou.wavを開き、再生操作するパターン。
AWindowsのマイコンピュータやエクスポローラ等でフォルダ(ディレクトリ)の切り替えをし、直接音声ファイルarigatou.wavを選択し実行(マウスならダブルクリック)するパターン。この方法は自動的にWindowsMediaPlayerが起動し再生します。