アクセス解析
レンタル掲示板

ホーム >パソコン生活 >テレビを見たい

テレビを見たい

 療養生活においてテレビを見られることは大きな楽しみになります。
ここでは患者自身がテレビのON/OFFやチャンネルを自由に制御してより便利に楽しむ方法を紹介します。
***事前に介護者等によるアンテナ接続やチャンネル設定等が必要です。***

  1. パソコンでテレビを見る
  2. 普通のテレビを見る

地デジチューナー内蔵or外付けPC

 最近はテレビ機能が内蔵されたパソコンも多く発売されていますし、市販の地デジチューナー(例、IO DATA バッファロー )を付けると後からテレビ機能を追加することもできます。USB接続のワンセグテレビも画面は小さいですが安価にテレビ機能を追加できます。
【PR】地デジ内蔵パソコン
【PR】 パソコン用地デジチューナー
 これらのパソコンでテレビ(地デジ)を見る為には、テレビ視聴ソフトを起動させそれをオペナビで操作する訳です。
地デジパソコンには録画機能も付いているので便利です。

mAgicTVの画像

 パソコンに内蔵されているテレビ視聴ソフトは、NECパソコンならSmartVision 、SONYならGiga Pocket 、富士通やIO DATAの後付け地デジチューナーにはmAgicTV (上の画像)等があります。

KeyHoleTV & KeyHoleVideo

 上記内蔵・外付け地デジチューナーを使用しテレビを視聴するためには別途UHFアンテナが必要でした。しかし、KeyHoleTV & KeyHoleVideoはアンテナ不要でインターネットに接続出来る環境でさえあれば、誰でも無料でNHKや民放各キー局のテレビ番組を視聴することが出来ます。
 KeyHoleTV & KeyHoleVideoは総務省の[戦略的情報通信研究開発推進制度]「次世代P2P型コンテンツ流通高度化技術に関する研究開発」により開発されたようです。
詳しくはKeyHoleTV & KeyHoleVideo−キーホールテレビ&キーホールビデオ−をご覧ください。
 私もダウンロードして使ってみました。
KeyHoleTVの画像
イーモバイルでのインターネット接続で、お世辞にも画質が良いとは言えませんが(良くてワンセグ程度)ちゃんと視聴出来ました。テレビを観たい患者にとって選択肢の一つにはなると思います。

 オペナビに、これらのテレビ視聴ソフトを登録すると簡単に起動させることができます。さらに[テレビ視聴ソフト用キーボード]を作成しそれを操作してチャンネルや音量を変えることもできます。


 一般に健常者の方が普通のテレビを見る場合、手の指でリモコンのボタンを押し操作をします。 しかし、手が動かない等の障害がある人はそれが出来ません。その場合は次の方法があります。

パソコン(オペナビ)で「なんでもIR」を操作

 パソコンに学習リモコン「なんでもIR」 を接続し、それをオペナビで操作します。
  つまり、テレビのリモコンボタンを押した時、リモコンから送信される赤外線信号を「なんでもIR」に登録しておき、オペナビの「なんでもIR」用キーボードを操作する訳です。この方法だとテレビに限らずビデオやオーディオ等、「なんでもIR」が対応しているリモコン信号の家電製品は全て操作可能です。

  ただし、家電製品(ここではテレビ)のリモコンボタンを「なんでもIR」に登録する(学習させる)作業は介護者などにお願いすることになります。

【注】以前このページで紹介していた学習リモコン「クロッサム」は生産終了となりました。

環境制御装置で操作

 環境制御装置はスイッチ一つでいろんな家電製品(ここではテレビ)を操作できます。上記「なんでもIR」も広い意味で環境制御装置の一種なのですが、ここではパソコンを用いず単体で環境制御装置と呼ばれるモノを紹介します。 環境制御装置の価格は機能とチャンネル数の違いで2万円台から80万円弱までいろいろあります。
(参考)
東京都障害者IT地域支援センター(環境制御装置一覧)
AT2ED エイティースクウェアード(環境制御装置)
 いずれもリモコンの赤外線信号を環境制御装置に登録する(学習させる)作業は、介護者などにお願いすることになります。

 私が使用した(している)環境制御装置は、独Evosoft GmbH製のNSシーケアパイロットUアルファテック製のSC-21 です。
 NSシーケアパイロットUは2003年病院(高松医療センター)で在宅療養訓練中に病院から借りてテレビを操作していました。
 アルファテック製のSC-21は2004年から現在も使用中です。SC-21で地デジチューナー搭載液晶ディスプレイ MDT221WTF(BK) を操作してテレビを見ています。SC-21はリモコンリレーと組み合わせることにより、患者自身でパソコン(デスクトップ)の起動が出来る ところが気に入ってます。
sc-21(2004年当時の画像。現在はディスプレイがアナログチューナー付から地デジチューナー付に替わっています。)